スキップしてメイン コンテンツに移動

解雇すると言われたら

解雇できない場合があります

次に該当する場合は、解雇できないことが労働基準法などに定められています。

□ 業務上の傷病により休業している期間と、その後30日間
□ 産前産後の休業をしている期間と、その後30日間
□ 女性であること、あるいは女性が結婚、妊娠、出産、産前産後の休業をしたという理由による解雇
□ 国籍、信条、社会的身分を理由とする解雇
□ 労働基準監督署に申告したことを理由とする解雇
など

上記に該当する場合は、解雇を受け入れる必要はありません。

解雇を受け入れるかどうか決断する

解雇だと言われて「わかりました」答えれば決定してしまいます。そうした解雇は不当だと主張して争うこともできます。

まず、解雇を受け入れる場合について述べます。

業績不振等による整理解雇であれば、何らかの優遇措置があることが多いので、説明をしっかり聞きましょう。

不始末や能力不足等の個人的理由で解雇される場合は、解雇されてもやむを得ない事情があるとしても、解雇されたという事実は後々まで影響することがあるので、できるだけ解雇されるのは避けましょう。

自分に非がある場合には「退職願いを出すので解雇ではなく自主的な退職の扱いにしてくれませんか」と頼んでみましょう。場合によっては「退職してくれというのなら受け入れますが、これくらいのことで解雇されるのは納得できないので争うことにします」と(本心は争う意思がないとしても)主張するのも一手段です。受け入れてもらえれば通常の退職手続きになります。

解雇の場合、30日の解雇予告期間か30日分の平均賃金を受け取ることができます。

法律で認められた権利なので臆することなく請求しましょう。(ただし、懲戒解雇の場合で労働基準監督署長の承認を得たときは解雇予告はいらないことになっています)

解雇に納得がいかない場合は次の記述を参考に対抗してください。

解雇なのかあらためて確認する

「解雇だ」とはっきり言われたときは明確ですが、はっきりしない言い方をされる場合があります。その場合、会社の方は、自主的な退職にもっていこうと考えている場合が多いです。

「解雇なんですか」などと、解雇であることを確認しましょう。そして、何月何日で解雇なのか、解雇の理由は何か、この3つを質問し、誰がいつどこで言ったのかも含めてメモをとっておきましょう。答えが無くてもその状況をメモしておきましょう。

解雇と言いながら、退職願の提出を求める場合があります。もうどうでもよい、早く手を切りたいと思うなら退職願いの提出もよいでしょう。納得できないのであれば、一切の書類に署名しないことです。

解雇理由証明書を求める

解雇理由証明書とは、労働基準法第22条に規定されている解雇の理由を記載した書面のことで、労働者が請求した場合には、使用者は遅滞なくこれを交付しなければならないものです。

後の大事な資料ですから必ず請求しましょう。使用者には解雇理由証明書を交付する義務がありますが、あくまでも労働者の請求が条件です。黙っていて出てくるものではありません。

就業規則を入手する

解雇理由に反論するには就業規則は重要です。懲戒処分は就業規則の規定に基づかなければすることができません。解雇を申し渡されてからでは、手に入りにくくなることがあります。解雇の雰囲気を感じたときに早めにコピーを入手しておきましょう。

どこにあるか分からないときは、見せてもらうように頼みましょう。それでも見せてもらえないときは、依頼した日付時間、そのときの会話をメモしておきましょう。就業規則を見せてもらえないことを証明できれば、就業規則の無効を主張できます。

専門家や公的窓口に相談に行く

経験がなければ、少々調べたくらいでは知識が追いつきません。勉強にもなるので、公的な相談窓口にまず足を運んでください。都道府県労働局(各労働基準監督署)の総合労働相談コーナー、都道府県労働委員会、社会保険労務士会の総合労働相談所などがあり、相談を無料で行っています。

相談の段階から費用がかかりますが、早めに弁護士に相談するのがよいでしょう。労働問題を得意としている弁護士に相談することが必要です。弁護士に比べて割安な特定社会保険労務士に相談するのも手です。ただし、社会保険労務士は紛争調整委員会の代理人になることができますが、労働審判や裁判の代理人にはなれません。

相談の時は、この間の出来事を客観的に記載したメモを作って行きましょう。いつ、どこで、だれが、どのように話したか、省略しないで生の声をそのままメモにして下さい。録音があればさらによいです。また、退職理由証明書、給料明細書など、そのときまでに入手してある書類の全てを持参して下さい。

相談の結果、不当解雇だと確信をもてたとき、解雇撤回を求めてのたたかいが始まります。取り得る手段としては、都道府県労働局の紛争調整員会、都道府県労働委員会、労働審判所、裁判所などがあります。

何を争うかを決める

不当な解雇を争う場合、一般的には、「解雇の無効」と「従業員としての地位の確認」を求めます。解雇は不当で認められない。自分はまだ従業員のままだ。と主張するのです。気持ちはとっくに会社から離れていて、戻る気がないときでも、普通はこういう主張をします。

裁判などで勝てば、解雇という不名誉を撤回させることができます。また、従業員としての立場を認められますから、解雇されてからの受け取るべきだった賃金を、そこで働いていなくても全額もらうことができます。損害賠償請求を付け加える場合もあります。ただし、精神的苦痛に対する慰謝料は、思うほどはとれないようです。裁判終了後、職場に復帰するのであれば復帰し、または、会社と話し合いをして、いくらかの解決金を条件に退社に同意するという流れになります。判決前に和解で終了することもあります。

生活資金の確保

解雇を争うにしても、生活のために働かなければならない場合があるでしょう。働くことは問題はありませんが、会社に隠れて働くと、退職を認めた材料にされるおそれがあります。働いていることと、解雇が撤回されればいつでも戻る旨を伝えましょう。その際、職場まで教える必要はありません。

会社が退職金や解雇予告手当を一方的に振り込んできた場合は、給料の代わりとして受領する旨の通知を出します、専門家に相談するのがよいでしょう。

勝訴の確率が高い場合は、仮処分という手もあります。裁判所が認めれば、裁判中であっても給与の範囲内で一定の金額を受け取れる場合があります。

トップページ職場でトラブルになったら>このページ

このブログの人気の投稿

長時間労働者への面接指導

長時間労働者への面接指導とは 労働安全衛生法66条の定めにより、長時間労働者への医師による面接指導の実施が義務付けられています。 労働者数にかかわらず全ての事業場に適用されます。 次の労働者が対象になります。 1.労働者(裁量労働制、管理監督者含む) ①義務:労働者の週40時間を超える労働が1月当たり80時間を超え、疲労の蓄積が認められる労働者 (申出を受けたとき実施) ②努力義務:事業主が自主的に定めた基準に該当する者 2.研究開発業務従事者 ①義務:月100時間超のの時間外・休日労働を行った者 ②義務:月80時間超の時間外・休日労働を行い、疲労蓄積があり面接を申し出た者 ③努力義務:事業主が自主的に定めた基準に該当する者 3.高度プロフェッショナル制度適用者 ①義務:1週間当たりの健康管理時間が40時間を超えた時間について月100時間超行った者 ②努力義務:①の対象者以外で面接を申し出た者 労働時間の状況を適正に把握するため、事業者は、労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、記録する必要があります 時間外・休日労働時間が月80時間を超えたら 事業者がすること 1.月80時間を超えた労働者本人に当該超えた時間に関する情報を通知しなければなりません。 2.申出をした労働者に対し、医師による面接指導を実施しなければなりません。面接指導を実施した医師から必要な措置について意見聴取を行い、必要と認める場合は、適切な事後措置を実施しなければなりません。 3.時間外・休日労働時間が1月当たり80時間を超えた労働者に関する作業環境、労働時間、深夜業の回数及び時間数等の情報を産業医に提供しなければなりません。 4.面接指導の実施方法及び実施体制の周知はもちろん、労働者が自分の労働時間数を確認できる仕組みの整備、申出を行う際の様式の作成、申出を行う窓口の設定などの措置を講じて、労働者が申出を行いやすくする観点に立ってその周知を徹底しなければなりません。 労働者がすること 1.面接指導の申出をし、医師による面接指導を受けましょう。 事業者が労働時間を適切に把握していないときは、労働者自らが労働時間を記録して所定の労働時間を超過したときは面接指導の申し入れを行いましょう。 産業医がすること 1.労働者に対し面接指導の申出をするよう勧奨しましょう。 時間外・休日労働時間が月45時間を

雇用均等室に相談する

雇用先とのトラブルについては労働基準監督署に相談するのが一般的ですが、労働局の雇用均等室に相談することもできます。 雇用均等室というのは都道府県労働局の一部門です。労働局に設置されているので各都道府県に一つだけしかありません。交通の面では不便です。 雇用均等室は職場での、セクシュアルハラスメント ・母性健康管理 ・妊娠・出産・育児休業等に関する問題を中心に扱っています。 雇用均等室のパンフレットに、こういう相談がありますという事例が載っていたので紹介します。 以下引用= 上司からのデートの誘いを断ったら、仕事を回してもらえなくなりました。 妊婦検診に行きたいのですが、休ませてもらえません。 妊娠し、産休と育休を希望したら、他の社員に も 迷 惑 が か かる ので、退職して欲しいと言われました。 体力のいる仕事だから女性には無理と言われました。 女性だからと言って重要な仕事を任せてもらえません。 育休から復帰しようとしたら、復帰する場所はないと復帰を拒まれました。 パートで働いてきましたが、同じ会社で正社員になりたい。 育児のための短時間勤務を希望したら、認められないと言われました。 自分はパートですが、正社員と同じ仕事をしています。賞与の金額が正社員とは大幅に違っていて納得できません。 =引用以上 事例をみると、いろいろなことを気軽に相談することができるような感じです。一人で抱え込まず、労働局雇用均等室で相談してみませんか? まずは電話でも。 トップページ > 職場でトラブルになったら >このページ

面接試験を受けるときの注意点

面接のポイント 面接試験では、質問しやり取りを通じて知識や能力だけでなく、広く人間性を判定します。 よって、質問にてきぱき答えたかどうかだけで決まるわけではありません。面接担当者の共感をよぶことが大事です。「人柄がよい人」「好かれる人」という印象を与えるよう頑張りましょう。 分からないことは「分かりません」と嫌味なく言える人は得です。なるべくそう見えるように頑張りましょう。不満が顔に出やすい人は不利です。 姿勢のよさと元気の良さ、はきはきした返事が有利なのは言うまでもありません。面接は面接担当者との勝負です。 集団で面接を受けるグループディスカッションもあります。グループディスカッションでは、勝てばよいというものではないので注意が必要です。勝ち方、負け方、どちらにしてもよい印象を与えなければなりません。 面接をする人によっては、態度が高圧的であったり、侮辱的であったりする人もいます。いわゆる「圧迫面接」といい、社会の厳しさに耐えられるかどうかをみるのだといいますが、こういう会社はろくでもないものと考えた方がよいかもしれません。ブラックの可能性があります。 通常は一回で決まることはなく、複数回の面接を経ます。(企業規模にもよりますが)最初は人事担当者が面接し、人事部門の幹部面接にすすみ、最後は役員面接というのが多いです。 面接の受け方 指定された日に指定された場所に出向きます。時間を守ることはとても大事です。その会社の受付に、おおむね約束の時間の10分前に到着することが望ましいのですが、多少早く到着する分には構いません。早く到着してしまったことをわびて、中で待たせてもらいましょう。どういう雰囲気の会社であるか観察する時間にもなります。 遅れるのは1分でも相当のマイナスポイントになります。向かう途中で遅れることが明らかになった時点で、会社に電話を入れて事情を説明しましょう。 面接だけの場合も、筆記試験があることもあります。どういう試験をするかは求人書類に書いてあるので、把握して出かけましょう。また、履歴書だけ求められている場合でも、職務経歴書も持って行く方がよいでしょう。 採用面接の日は選考をされることを意識し、新卒のときと同じ気構えと準備をして面接に臨みましょう。手を抜くと本当に損をします。 ポイントを列記します。 履歴書はスーツにネクタイの写真を。 □ 服装はスーツ