スキップしてメイン コンテンツに移動

年次有給休暇について

有給休暇とは

雇い入れの日から起算して6ヶ月間継続して勤務し、その間、出勤率が8割以上であれば、雇入れの日から6ヶ月経過後には、10日間の有給休暇がつきます。

休んでも給料が引かれないという意味で、有給休暇といいます。

さらに1年6ヶ月後に11日、2年6ヶ月後に12日、3年6ヶ月後に14日と有給休暇が増えていきます。最高20日間になるまでです。

出勤率が8割に満たなければ、その年は新たな有給休暇は発生しませんが、翌年8割以上出勤した場合には勤続年数に応じた有給休暇の権利が発生します。

年次というのは、毎年つくということです。昨年15日の有給休暇が付与されていて10日休んで5日残っていたとすると、新年度に付与される16日とあわせて、21日の有給休暇の権利を持っていることになります。

有給休暇には時効があります。使わなければ2年で消えてしまします。時効にかかった1年分はゼロになってしまうので、まったく使っていなくても最大で40日以上には増えません。

付与日数表

勤続年数 付与日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日
6年6ヶ月以上  20日

この表は、週所定労働日数が5日以上または週所定労働時間が30時間以上の場合に適用できます。勤務時間が短いパートタイム労働者には、この表は適用できません。

有給休暇の利用方法

本来は、心身の疲労をとるために利用するものですが、病気欠勤日、忌引などに年次有給休暇を充当することは、労働者の希望によるのであれば違法ではありません。そういう場合に有給を使えと使用者から仕向けるのは違法です。

また、休職期間中は、そもそも労働義務を免除されている期間については、年次有給休暇を請求できません。

時季変更権

年次有給休暇は労働者の権利ですから、いつでも自由に使うことができます。ただし、会社は必要があるときには時季変更権を行使することができます。

会社の時季請求権は、法律の運用では厳しく制限されています。例えば、代替要員の確保が困難であっても、いつも人員不足で代替要員の確保が常に困難という状況であれば、会社の対策不足によるものですから、時季変更権の行使は適当でないとされています。

「有給をとらせてください」と言うことがあると思いますが、これは丁寧に言っているだけで、法律的には許可を得る必要はありません。申し出れば休めるのが有給休暇です。

退職時に残っている有給休暇

事業の廃止、労働者の解雇や退職によって労働関係が消滅した場合には、有給休暇請求権も消滅します。したがって、例えば解雇の予告が行われた場合は、休暇の権利は予告期間中に行使しなければ消滅します。

退職時直前でも有給休暇を取得する権利があるので、残日数によっては退職申出の日から退職の日まで連続して休暇に入ることも可能です。

年次有給休暇の未消化日数に応じて一定の賃金を支払う(これを「休暇の買い上げ」といっています。)は、休養を与えるという制度の趣旨に反しているのでやってはいけないことになっています。

ただし、退職日においても未消化の分については、会社に買い上げの義務はありませんが、会社が買い上げたとしても違法ではない、というのが一般的解釈です。

パートタイムも同様の扱いが必要

パート社員も一般社員と同様に有給休暇を与えなければなりません。ただし、労働日数等に応じて与えられる日数が減じられます。

パートタイム労働者の年次有給休暇

計画的付与

有給休暇の消化率が良くないので無理にでもとらせようということで、計画的付与の制度ができました。

有給休暇の計画的付与

時間単位の有給休暇取得

労使協定を締結すれば1年に5日を限度として時間を単位として有給休暇を与えることができます。

有給休暇の時間単位取得

有給休暇の半日単位取得

就業規則で定めれば半日を単位として有給休暇を与えることができます。

有給休暇の半日単位取得

5日以上取得させなければならない

年10日以上の有給休暇が与えられている従業員には、有給休暇が付与された日から1年以内に5日以上取得させなければなりません。

中小企業個人企業を含め、人を雇っているすべての事業が対象です。全ての従業員が、有給休暇を取得した日から1年以内に最低5日は取得していなければ労働基準法違反になります。忙しい、人手が足りないという事情があっても免除されません。

手続きとしては、まず会社が従業員に取得の希望日を聴取します。その希望を踏まえ、会社等は日にちを指定して従業員に休んでもらいます。時季指定といいます。いつ時季指定するかは会社等が決めます。

有給休暇を5日以上消化している社員に対しては時季指定する必要がありません。また、計画的付与をすでに実施している会社等は対象になりません。

この5日以上の定めに対応して、これまでも与えていた夏季休暇や年末・年始休暇などを労働日に変更し、当該労働日について、使用者が年次有給休暇として時季指定する事業主があると言われています。

これは、労働条件の不利益変更ですから、その変更手続きが妥当なものでなければ損害賠償ものです。また、有給休暇についての事業主の義務を、脱法的に回避するものですから、労働基準法違反だと言えます。即、労働基準監督署へ駆け込むべき案件です。

トップページイザというときには労働基準法>このページ

このブログの人気の投稿

長時間労働者への面接指導

長時間労働者への面接指導とは 労働安全衛生法66条の定めにより、長時間労働者への医師による面接指導の実施が義務付けられています。 労働者数にかかわらず全ての事業場に適用されます。 次の労働者が対象になります。 1.労働者(裁量労働制、管理監督者含む) ①義務:労働者の週40時間を超える労働が1月当たり80時間を超え、疲労の蓄積が認められる労働者 (申出を受けたとき実施) ②努力義務:事業主が自主的に定めた基準に該当する者 2.研究開発業務従事者 ①義務:月100時間超のの時間外・休日労働を行った者 ②義務:月80時間超の時間外・休日労働を行い、疲労蓄積があり面接を申し出た者 ③努力義務:事業主が自主的に定めた基準に該当する者 3.高度プロフェッショナル制度適用者 ①義務:1週間当たりの健康管理時間が40時間を超えた時間について月100時間超行った者 ②努力義務:①の対象者以外で面接を申し出た者 労働時間の状況を適正に把握するため、事業者は、労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、記録する必要があります 時間外・休日労働時間が月80時間を超えたら 事業者がすること 1.月80時間を超えた労働者本人に当該超えた時間に関する情報を通知しなければなりません。 2.申出をした労働者に対し、医師による面接指導を実施しなければなりません。面接指導を実施した医師から必要な措置について意見聴取を行い、必要と認める場合は、適切な事後措置を実施しなければなりません。 3.時間外・休日労働時間が1月当たり80時間を超えた労働者に関する作業環境、労働時間、深夜業の回数及び時間数等の情報を産業医に提供しなければなりません。 4.面接指導の実施方法及び実施体制の周知はもちろん、労働者が自分の労働時間数を確認できる仕組みの整備、申出を行う際の様式の作成、申出を行う窓口の設定などの措置を講じて、労働者が申出を行いやすくする観点に立ってその周知を徹底しなければなりません。 労働者がすること 1.面接指導の申出をし、医師による面接指導を受けましょう。 事業者が労働時間を適切に把握していないときは、労働者自らが労働時間を記録して所定の労働時間を超過したときは面接指導の申し入れを行いましょう。 産業医がすること 1.労働者に対し面接指導の申出をするよう勧奨しましょう。 時間外・休日労働時間が月45時間を

雇用均等室に相談する

雇用先とのトラブルについては労働基準監督署に相談するのが一般的ですが、労働局の雇用均等室に相談することもできます。 雇用均等室というのは都道府県労働局の一部門です。労働局に設置されているので各都道府県に一つだけしかありません。交通の面では不便です。 雇用均等室は職場での、セクシュアルハラスメント ・母性健康管理 ・妊娠・出産・育児休業等に関する問題を中心に扱っています。 雇用均等室のパンフレットに、こういう相談がありますという事例が載っていたので紹介します。 以下引用= 上司からのデートの誘いを断ったら、仕事を回してもらえなくなりました。 妊婦検診に行きたいのですが、休ませてもらえません。 妊娠し、産休と育休を希望したら、他の社員に も 迷 惑 が か かる ので、退職して欲しいと言われました。 体力のいる仕事だから女性には無理と言われました。 女性だからと言って重要な仕事を任せてもらえません。 育休から復帰しようとしたら、復帰する場所はないと復帰を拒まれました。 パートで働いてきましたが、同じ会社で正社員になりたい。 育児のための短時間勤務を希望したら、認められないと言われました。 自分はパートですが、正社員と同じ仕事をしています。賞与の金額が正社員とは大幅に違っていて納得できません。 =引用以上 事例をみると、いろいろなことを気軽に相談することができるような感じです。一人で抱え込まず、労働局雇用均等室で相談してみませんか? まずは電話でも。 トップページ > 職場でトラブルになったら >このページ

面接試験を受けるときの注意点

面接のポイント 面接試験では、質問しやり取りを通じて知識や能力だけでなく、広く人間性を判定します。 よって、質問にてきぱき答えたかどうかだけで決まるわけではありません。面接担当者の共感をよぶことが大事です。「人柄がよい人」「好かれる人」という印象を与えるよう頑張りましょう。 分からないことは「分かりません」と嫌味なく言える人は得です。なるべくそう見えるように頑張りましょう。不満が顔に出やすい人は不利です。 姿勢のよさと元気の良さ、はきはきした返事が有利なのは言うまでもありません。面接は面接担当者との勝負です。 集団で面接を受けるグループディスカッションもあります。グループディスカッションでは、勝てばよいというものではないので注意が必要です。勝ち方、負け方、どちらにしてもよい印象を与えなければなりません。 面接をする人によっては、態度が高圧的であったり、侮辱的であったりする人もいます。いわゆる「圧迫面接」といい、社会の厳しさに耐えられるかどうかをみるのだといいますが、こういう会社はろくでもないものと考えた方がよいかもしれません。ブラックの可能性があります。 通常は一回で決まることはなく、複数回の面接を経ます。(企業規模にもよりますが)最初は人事担当者が面接し、人事部門の幹部面接にすすみ、最後は役員面接というのが多いです。 面接の受け方 指定された日に指定された場所に出向きます。時間を守ることはとても大事です。その会社の受付に、おおむね約束の時間の10分前に到着することが望ましいのですが、多少早く到着する分には構いません。早く到着してしまったことをわびて、中で待たせてもらいましょう。どういう雰囲気の会社であるか観察する時間にもなります。 遅れるのは1分でも相当のマイナスポイントになります。向かう途中で遅れることが明らかになった時点で、会社に電話を入れて事情を説明しましょう。 面接だけの場合も、筆記試験があることもあります。どういう試験をするかは求人書類に書いてあるので、把握して出かけましょう。また、履歴書だけ求められている場合でも、職務経歴書も持って行く方がよいでしょう。 採用面接の日は選考をされることを意識し、新卒のときと同じ気構えと準備をして面接に臨みましょう。手を抜くと本当に損をします。 ポイントを列記します。 履歴書はスーツにネクタイの写真を。 □ 服装はスーツ